コンテンツへスキップ

横浜の風

6月(偶数月)末のQSLカードが到着しました。主にコンテスト交信ですが、未発行分がありましたので、印刷して発送の準備をしました。

水曜日、用事があり横浜に出かける予定だったので、途中、秋葉原に寄って少し散策しました。
前述のQSLカードは量も少なく、他にカードが増えたら一緒にJARLに送るつもりでしたが、秋葉原に寄るついでにマルツ秋葉原の「QSLカード転送ボックス」を利用させてもらうことにしました。
今回は、秋葉原2号店のボックスにカードを投函しました。「発送は毎月末」と書かれていますので、ちょうどタイミングもよさそうです。
ちなみに、今回は部品等の調達予定がないので、お店の中をのぞいただけで商品の購入はありません。
少し?申し訳ない気持ちもあり、店員の方に「カードを入れさせていただきます」と、ご挨拶だけさせていただきました。

マルツ秋葉原2号店の裏側のビルに「Nano Lab.」という看板が出ています。未だ中に入ったことはないのですが、ここを通るたびに気になっています。簡単な工作など、秋葉原のお店で購入したものをここで直ぐに組み立てることができそうです。
興味はあるのですが、なかなか入れずに終わっています。

秋月、ロケット、あきばおーなど各店を眺めながら、秋葉原駅に向かいます。
ラジオデパートにも入りましたが、ここもシャッターが降りた店が多く、少し寂しいものがあります。

秋葉原駅から山手線で東京駅に向かい、東海道線に乗り換え横浜に向かいました。目指すのは関内駅なので、京浜東北線に乗れば乗り継ぎなく関内に到着できます。久しぶりの電車旅?なので、あまり利用しない路線を使ってみました。

関内駅に到着したのは16:00過ぎでした。
目的はプロ野球「横浜DeNAベイスターズ対阪神タイガース」の観覧です。試合開始は18:00です。内野指定席をいただいたので、早くから並ぶ必要もありませんから、まだ時間はたっぷりあります。
隣接の中華街を少し散策しました。夕飯には未だ少し早い時間帯で、平日ということもあり、いつもは大混雑の通りも今日はガラガラです。※正確に言うと、実際はかなりの人通りなのですが、超混雑時の雑踏で前が見えないときに比べるとガラガラに感じているだけだと思います。
高級店も多く並ぶ中、リーズナブルな価格で美味しそうなお店を選ぶのは、けっこう難しいものがあります。
通りの外れにあった小さなお店で「中華粥」と「あげ餃子」を食べました。ここも普段は行列ができるそうですが、今日は待ち時間ゼロでゆっくり食べることができました。
食事の後、もう少し街をフラフラして17:30頃に横浜スタジアムに入りました。

ナイター観戦は久しぶりです。3塁側内野席の中段あたりで、風も心地よく気持ちよく観戦することができました。
個人的には、横浜、阪神どちらのチームのファンでもありません。ビール、えだまめ、しゅうまい(横浜でこれをはずすことができない)を堪能しながら、のんびり試合を楽しませてもらいました。

そろそろ帰宅の時間になったので、7回を終わって球場を後にしました。今日は久しぶりに、横浜で楽しい時間を過ごすことができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください