コンテンツへスキップ

暗くなる前に

白色LEDを使った電子工作です。

何年か前に製作し、倉敷の常設場所で使用している「白色LEDを使った就寝用常夜灯」を/1の環境でも使おうと思いました。
電子マスカットさんのH.Pを参考にさせていただきました。

比較的簡単な回路なので、配線を間違うことはないと思います。H.Pも部品実装図で丁寧に説明してくれています。ユニバーサル基板に各部品を取付、特にチェックもせず電池をセットしました。明るい部屋を急に暗くすると、LEDが点灯するはずなのですが......点きません!!!...???
配線と半田をチェックしても特に問題は見当たりません。おかしいなぁ......と思いながら、何度かH.Pの記事を読み直しました。
CDSによっては動作しない場合があるという記述がありました。今回使用したCDSは、秋月電子の5mmタイプのCDSです。暗抵抗は1MΩというデータ仕様なのですが、これを交換してみることにしました。
同型の5mmタイプで暗抵抗が2MΩのCDSにしてみました。
交換すると、何の問題もなくLEDが点灯します。やはりCDSの「暗抵抗」が原因だったようです。

今回の工作もケースには入れず、ユニバーサル基板のサンドイッチ?で使用します。
就寝時、照明を消して部屋が急に暗くなると、約2分間だけLEDが点灯します。
昼間から夕方、夜にかけて徐々に暗くなるときには点灯しません。あくまで、急に暗くなったときだけ点灯します。

けっこう便利で実用的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください