コンテンツへスキップ

常置場所の運用

倉敷地域も6月7日に梅雨入りしました。当分は常置場所からの固定運用が中心になりそうです。

以前の記事で、/1の運用で使っている【WKUSB Lite】を紹介しました。常設場所でも使っているのですが。こちらにはSPEEDコントロール用のボリュームとLEDを付けています。アルミシャーシに入れていますが、中の基盤は/1と同じものです。

 

同じK1ELの製品で【K16 CW Kits】も使っています。こちらはPCインタフェースはないので、純粋なメモリーキーヤーになります。ボタン電池をセットする【K16 BAT Kit】のほうです。ケースには入れず、基盤で上下を挟んで入出力端子、メモリボタンを付けています。固定で使うことはありませんが、移動時に気が向いたら使って楽しんでいます。マニュアルが英語なので、完全に機能が把握できていません。すべての機能を使うには私の技量では不可能です。

先日、部屋の整理をしていて、以前YAESUでもらった「THE RADIO AMATUER's WORLD MAP」を見つけました。せっかくなので、部屋の隅のシャックブース?の壁に貼ってみました。やはり世界は広いです。と同時に、世界中を飛び巡る電波で各国と交信できることが不思議に思えます。
現在、DXCCは150(LoTWでは134)で停滞しています。たぶんこれ以上増えることは、まず?無いと思っていますが、とりあえず、この地図を眺めながらDXコンディションが再来してくれることを願っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください