コンテンツへスキップ

柴又のさくら

東京は21日に桜の開花宣言が出ました。雨や冷たい風でその後の開花は進む気配がありませんでした。

25日の土曜日は、風も比較的弱く、陽射しも春めいた明るい朝を迎えました。午前中、柴又まで散歩を兼ねて歩きました。
柴又駅の前に「さくら」さんの銅像が建てられ、その除幕式が行われます。これまでは「とら」さん一人だけでしたが、兄妹が久しぶりのご対面となります。
式典は11時からですが、1時間以上も前にも関わらず既に大勢の人で駅前は賑わっています。さくらさんの銅像には、未だブルーシートがかけられた状態でした。

その足で、寅さん記念館に足を運びました。入館者には「さくら」さんの銅像完成を記念して、手ぬぐいがもらえます。こちらも朝から大勢の人です。さくら色、まさに今の季節を感じる手ぬぐいをいただきました。とても可愛らしい、さくらさんのイメージにぴったりです。

記念館からそのまま江戸川の土手を歩きました。頬に未だ冷たい春の風があたります。土手に植えられている芝桜も風に揺られています。グランドの少年野球の試合を眺めながら、矢切の渡しに着きました。
渡し船が、江戸川を矢切まで向かっています。明るい陽射しに照らされ、川面がキラキラ輝いています。早春の光景です。

今日は無線の運用はできませんでしたが、江戸川の上に広がる、青く高い空に飛び交う電波を想いながら、のどかな時間を過ごせました。来週の今頃は、満開の桜の花びらが眺められるはずです。

手元のさくらさんの手ぬぐいで、一足早いお花見をさせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください