コンテンツへスキップ

/1の運用開始

14日に倉敷から東京へ移動しました。

ベランダの簡易アンテナを復活させ、/1の運用ができるようになりました。HFは、約3m長のエレメントとATU(AH-4)、V/UHFは、モービルホイップです。それぞれの基台は既に固定していますので、設営は約15分程度で完了します。
リグはIC-7100Mです。HF、V/UHFとも1台で運用できます。HFはCWだけの運用です。7MHzの国内移動運用局もパイル状態の間隙を縫えば、なんとかピックアップしてもらえます。

運用を開始し、各バンドの状態を確認していたら、S21ZED/BangladeshのDXペディションが18MHzで聞こえました。Sメータも振れて、かなりクリアに入感しています。JA各局からのコールでパイル状態ですが、SPRIT運用ですので試しに発信してみることにしました。1コールでピックアップして「599 TU」をはさみ、見事なオペレーションで、パイルをさばいています。+1~2KHzを拾ってくれているようですので、+1.2KHzに送信周波数を設定して呼ぶこと、10回目ほどだったでしょうか、自局コールをピックアップしてくれました。相当早い打鍵ですので、少々の不安が残りましたが翌日、ClubLogでログサーチして確認したら、間違いなくヒットしていました。OQRSも受付ていましたので、早速その場でRequestしました。

なんとかこの環境で運用できそうですので、連休明け頃まで、この状態を継続していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください