コンテンツへスキップ

久しぶりのデジタル運用

常設場所の簡易?ベランダANTを撤収する前に、久しぶりにデジタルMODEで運用しました。

FT8で運用しようと思い、WSJT-Xを立ち上げたのですが、設定が中途半端な状態な感じです。ネットで検索してみたら、バージョンもアップされているようなので、再インストールすることにしました。

7MHzの国内用周波数【7.041MHz】が設定されていないようなので、システムのセッティングを行い、COMポートなどの設定も完了し準備は整いました。
FT450Dの出力を10Wにして運用を開始しました。

FT8の15秒周期での運用は、やはりJT65に比較すると軽快に感じます。
その後、10MHz、14MHz、18MHzそれぞれFT8で運用してみました。さすが、14MHzはDX局で賑わっています。CQ局を何度か呼んでみたのですが、「RRR」が一度で返ってこないケースがあります。国内の運用では10Wで何の問題もありませんでしたが、FT8/DXは、10Wでは少し厳しいでしょうか?

FT8、JT65の出力設定には悩むところがあります。もちろん出力を強くすれば問題ないのでしょうが、できれば小電力での運用を前提にしたいと思っています。このあたりは、もう少し様子を見ながら調整してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください